MENU
stre_con_02

スポーツトレーナー(アスレティックトレーナー)マッサージだけでなく、トータルで選手をサポートをする仕事

スポーツトレーナー(アスレティックトレーナー以下AT)とは、単にマッサージができる人のことではありません。
サッカーや野球、テニスなどのプロスポーツ選手をはじめ、アマチュアスポーツ選手たちが常にベストの状態でプレイできるように、健康管理・栄養面のサポートからトレーニング、練習や試合中のケガに対する応急処置、コンディショニングまでスポーツ選手をトータルにサポートするのがスポーツトレーナーの仕事です。

またテーピングなどを使って障害予防を行なったり、選手がケガをした場合は競技に必要な機能回復や、ケガの再発を防ぐためのアスレティックリハビリテーションが行えるのもスポーツトレーナー(AT)の仕事の特長です。

スポーツトレーナー(AT)の活躍の場は、高校や実業団のスポーツチーム、スポーツクラブやフィットネスクラブ、病院、学校など広範囲にわたりアスレティックトレーナー資格取得者や、鍼灸・柔道整復の医療技術を持ったスポーツトレーナーなら、さらに活躍の場は広がります。
プロスポーツ選手などの専属トレーナーをめざす場合には、競技特性に合わせた肉体改造、筋肉強化まで行える能力が必要です。
スポーツトレーナーの仕事は明日の一流選手を育て、支えることのできる仕事なのです。
最近では運動不足による成人病予防などの目的で、一般の人に健康指導をすることもあります。

コンディショニング

最近スポーツ現場でも頻繁に聞かれるようになった「コンディション」や「コンディショニング」という言葉ですが、その内容については確立されておらず規定されていません。これまでは「なんとなく体調を維持すること」というような意味合いで「コンディショニング」という言葉が捉えられていたように思われます。

たしかに体調を整えることや維持することがコンディショニングですが、実際にはさらに細分化されており、様々なカテゴリーが存在します。ただ漠然と維持・調整しようとしても、その方法や対処策を把握せずに高いパフォーマンスを保つことは困難です。またコンディショニングとは、ある一面だけをアプローチしても望ましい成果は得られません。
様々な要因【フィットネス(健康)・スキル(技術)・メンタル(精神)・メディカル(医療)・栄養・環境】を考慮し、総合的なスタンスでコンディショニングに望まなければなりません。

コンディションとコンディショニングの違い

コンディション

ピークパフォーマンスの発揮に必要なすべての要因(健康・技術・精神・医療・栄養・環境)で、一般的に「状態」「体調」「条件」と捉えられています。

コンディショニング

コンディションを目的に向かって日常的に望ましい状態に整えることです。
刻々と変化するコンディションを把握し、適切に微調整(adjust)していくことを言います。

ストレッチング

ストレッチ(Stretch)とは英語の「stretch」であり、その意味は「対象を伸ばす・広げる・伸張する」などで、いわゆるストレッチ体操そのものを指す意味もあります。

身体活動におけるストレッチという概念は、1960年ごろからスポーツ科学の論文中などで使われはじめ、ボブ・アンダーソンの著した「STRETCHING」(1975年)の出版を期に1970年代後半より急速に広がっていったといわれています。
この時ボブ・アンダーソンが提唱した静的なストレッチ(スタティックストレッチング)は、現在でも広く一般的に用いられています。
筋腱をストレッチすることを主たる目的として実施される運動や手技はストレッチング(Stretching)もしくはストレッチしていると言い表され、このことは事実上その状態からして差し支えありません。
またそれ以外の活動においてもあらゆる身体運動は筋の収縮・伸張の組み合わせによって行われることから、状態としてのストレッチは大なり小なり常に存在していると言えます。

ストレッチの種類

ストレッチングの種類は、その伸張方法により大きく2種類に部類されます。
一つは静的なストレッチング、もう一つは動的なストレッチングです。
その他様々なコンセプトに基づいて行なわれるストレッチングも提唱されています。

一般的に自身で行うストレッチングはセルフストレッチングと呼ばれています。
第2者(パートナー・補助者・協力者)を必要として行われるストレッチングはパートナーストレッチングやペアストレッチングなどと呼ばれます。
また各種方法においてより効果的にストレッチングを行うために、様々な道具(ツール)を活用する方法もあります。